建具で決まるフレンチ/ナチュラル/カントリーのインテリア

2017年1月11日

本日は、ジェニュインこだわりの仕様の一つ、建具のご紹介です。

フレンチ、ナチュラル、カントリー・・好みのインテリアはそれぞれだと思います。そんな自分好みの内装にしたい!と思った時に、家具やフローリングあるいは壁紙などは、インターネットなどで一般の方でも比較的容易に自分好みのものを見つけることができるでしょう。ですが、「建具」に関してはそう簡単にはいかないと思います。

精度も意匠も大事な建具

建具選びが容易でない理由の一つに、建具は使用頻度が高く精度が求められるものですが、安心できる品質かどうかということはネットを介してだけでは判断できないことが挙げられます。その上インテリアとして空間に与える印象が強いため、建具単体の好みで選んでも、実際取り付いた時には他のインテリアと合わず、ちぐはぐなものになってしまう場合があるからです。

ジェニュインで施工する新築・リフォームの室内建具は、木製ドアを採用しています。これまでの施工実績とノウハウがありますので、メンテナンスなども安心です。また意匠に関しても、一般的に主流となっている表面にプリントシート合板を貼っただけの、いわゆるフラッシュドアと呼ばれるものとは格段に風合いが異なり、木製ならではのあたたかみと重厚感でお家を素敵に彩ってくれます。また塗料で塗り分けることにより、どんなテイストにも合わせることが可能で、お施主様はもちろん見学会などでも「このドアいいですね!」と良くご好評いただきます。

例)国産木製建具
ナチュラル ドア

チーク色 上部ガラスはクロスペン*

上部に小さいガラスの入ったものは、主にトイレや洗面所に使用します。
珪藻土の壁や無垢のフローリングともマッチして落ち着いた雰囲気をかもし出してくれます。
塗装により木目が適度に現れ、カントリー調のお家にとても良く合います。

※クロスペン  光を分散させて緩やかに視線を遮ってくれる女性に人気のガラスです。

チェッカーガラス

DSC_0034

こちらはガラス部分が大きく明かりをたくさん取り込めます。主にリビングなどに使用します。

 

例)輸入木製建具

DSC_0178

チーク色塗装。節の少ない木種で独特の風合いがあります。

小鳥柄ドア
白色塗装 小鳥柄ガラス

このように塗りつぶしてあえて木目を出さない塗装方法もあります。

パステルカラーなどで塗り分けると、フェミニンなフレンチテイストが楽しめます。


小鳥のモチーフ付きのガラスとクリスタルのノブもかわいい商品です

パステルカラー扉
こちらは子供部屋に使用した例。無塗装ドアに塗装を施しました。 

左)うすいブルー色 右)うすいパープル色

つや消し塗料を使用しているので、マットな仕上がりです。木目は見られなくても、開け閉めした時の重厚感は木製ならでは。木製ドアがもたらすナチュラルな雰囲気を残しつつ、お子さまに嬉しいかわいい空間をつくり上げました。

 

コーディネートが鍵となる建具選び

せっかく内装の雰囲気を統一したのに、建具がやぼったくてなんだか浮いている・・という事態になってしまうととてもがっかりですよね。ジェニュインではトータルコーディネートをモットーとしていますので、躯体(くたい:お家の骨組み)だけでなくインテリアまで総合的にサポート致します。床、壁、天井ありきの建具選びですので、お客様がどんな雰囲気がお好みなのかを十分把握したうえで、全体のバランスを考えた建具のデザインや色を提案いたします。

 

コーディネート次第でフレンチ、ナチュラル、カントリーとあらゆる空間を演出してくれる、ジェニュインの優秀な建具のご紹介でした。

他にも施工例をHPにてご紹介していますのでぜひご覧ください。