お引渡し後のアフターメンテナンス

新築工事後床下点検

ジェニュインでは、

新築工事のお引渡しから1か月後、半年後、1年後、3年後、5年後、10年後・・・と、

定期的に点検するために訪問しています。

本日は、「珪藻土が似合うプロヴァンスなお家」の5年点検に伺ってきました。

育ち盛りのお子さまがいらっしゃるご家庭ですが、

床や壁もきれいに使っていただいていました。

 

お家の点検が主な目的ですが、

訪問の度に、お子さまがどんどん大きくなっていく様子を見聞きできるのも、楽しみのひとつです。

 

それでは本題の点検へ。

天井裏を確認します。

新築工事後天井点検

続いて床下を確認。

新築工事後床下点検

新築工事後床下点検

雨漏りなどで濡れていないか、シロアリの心配はないかチェックします。

 

新築工事後点検

扉は、歪みやノブの緩みがないかなど一つずつ確認します。

 

新築工事後点検

玄関ドアのしまり具合を気にされておりましたので、

油を差して、ねじを閉め直し、補修完了です。

新築工事後点検

今回は、大きな問題もなく、無事に点検が終了しました。

 

メンテナンスと聞くと面倒くさいと思う方もおられるかもしれませんが、

不具合が大きくなってからでは、大がかりな補修工事が必要になってしまいます。

定期的に伺って、早めに気づくことで小さな補修で済み、より長く快適な状態を保つことができます。

 

5年点検が終わると、次は5年後の10年目点検・・・

点検の度に、月日の流れをヒシヒシと感じるので楽しみなような、恐ろしいような。。。

 

そんなことはさておき(笑)

みなさま、まだまだ寒さが厳しいですが、負けずにがんばっていきましょう!