大きな吹抜けのある家(webオープンハウス vol.2)

2016年10月25日

シルバー色が渋い扉

今年9月末に完成しました「大きな吹抜けのある家」。

先日、完成見学会を開催しましたが、残念ながらお越しいただけなかった皆さまにも ぜひジェニュインのお家作りを感じていただきたい!

という事で、 Web オープンハウス と題しまして、数回に分けてお家のいろいろをご紹介しております。

第2弾の今回は、味わい深い扉を開き、リビング・ダイニングをご紹介したいと思います。

*玄関まわりをご紹介した vol.1 は、こちらから → 大きな吹抜けのある家(webオープンハウス vol.1)

リビング・ダイニング

リビング入口

シルバー色が渋い扉

玄関ホールからリビングへの入口。
シルバー色の塗装が施された扉は、品のあるシャビーシックな雰囲気。

 

波目のような表情が美しいこちらのアンティークガラスは、製法上どうしても気泡が入るのですが、それがまた味になり素敵です。

↓ Click! 拡大写真でご覧いただけます。

アンティークならではの気泡が特徴のガラス

入口の向こうにちらりと見えるお部屋。さっそくご案内しましょう。

リビング

大きな窓と吹抜けで心地良いリビング

大きな窓に囲まれた明るいリビングがあらわれました。
壁も床も主張し過ぎず、それでいて味わい深い落着く空間です。

 

吹抜け

開放感たっぷりの吹抜け。

シーリングファンや窓、照明にガラスブロックや腰壁も・・・
白い壁にそれぞれ彩りを添えています。
飽きない眺めです。。。

開放感のある吹抜け

 

ガラスブロックが広い壁のアクセントに

玄関ホールでもご紹介したガラスブロック。

ゆらゆらと動きのある表面を通す灯りは、白壁の優しいアクセントに。

化粧梁の存在感を生かして照明はシンプルに

化粧梁の存在感を生かし、照明は あえてシンプルに。

引き算のインテリア。

床・壁

フローリングは、ジェニュインおすすめの幅広(150mm)タイプ。ナチュラル感が増してとても素敵です!

ブラッシュド加工で木目が際立つホワイトオーク

ホワイトオークの無垢材にオイル塗装を施したものを使用(色:シェルホワイト)。

塗装後のブラッシュド仕上げで節や木目が浮き立ち、使い込んだような風合いを ご入居当初から楽しんでいただけます。

 

珪藻土の塗り壁でいつでも快適

壁は珪藻土の塗り壁仕上げ。

塗り壁ならではの風合いももちろん、珪藻土の持つ調湿機能で室内を快適な湿度にコントロールしてくれます。

珪藻土って?漆喰とどう違うの?くわしく知りたい!→コチラ☆「珪藻土を使ったナチュラルテイストな家づくり」

 

*腰壁

欧米のお家によく見られる腰壁。
傷や汚れの付きやすい低い部分をカバーする意味もありますが、やはりこのデザイン性。
単調になりがちな全面の塗り壁に取り入れることで、よいアクセントになってくれました。

 

ダイニング

見学会当日の風景から・・・

LDKが広々としたひと続きの空間。
ダイニングもキッチンカウンターも 照明は、お施主様お好みのマリン風のものを取り入れました。
青いランプシェードとキッチンカウンターの青いタイルが絶妙なバランス。

リビングからひと続きのダイニング

 

ロールスクリーン、ダイニングセットは、お施主様がご自身で調達されたもの。

お家の出来上がりを想像しながらの家具選びは、きっと大変ながら楽しい作業ですね ^-^

web オープンハウス vol.2 いかがだったでしょうか?
お施主様がお持ちになった家具やカーテンなども入り、よりお家らしい様子を感じて頂けましたら嬉しいです。

お家を建てるのは私たちの仕事ですが、空っぽのお家に命を吹き込んで下さるのは、お客様ご自身。。。
今回は、見学会用のディスプレイもありますが、お客様がお住まいになる中で、どんな風に育てていただけるのか、私たちもとっても楽しみです。

さて次回は、さらに奥へと進み、キッチン周りをご紹介したいと思います。
奥様の大好きなキャラクターをちりばめた癒しの空間も登場しますので、どうぞ楽しみにお待ちください。