土台工事 土台敷き

2015年11月9日

今日から土台作りに入りました。

基礎の立上りの上に基礎パッキンを並べます。
基礎パッキンは細かなスキマが空いている構造なので、床下(土台と基礎の間)の換気を図れる他、地震の際の緩衝材としても有効です。

その上に土台を敷いていきます。

土台と基礎は、このアンカーボルトでしっかりと固定されます。

この後は大引きが等間隔に渡され、断熱材が敷き詰められます。