店舗リフォーム(とどめ亭)

灘区店舗リフォーム外観

「 安くてうまくてお腹いっぱいになる
 サクッと気さくに入れる
 駅前によくぞ居てくれた感じの焼き鳥屋」

とどめ亭のハッシュタグをたどってみつけた
お客さまのコメント。

こちらのコメントは
リニューアル工事以前に書かれていたものですが、、

炭火焼鳥屋とどめ亭は、
この度さらにパワーアップして
帰ってきました。

どんな感じにパワーアップしたかというと、、、

”居心地の良さ”がアップしました~!ぱちぱちぱち

お料理もおいしくて
居心地もいいとなると最高ですよね~

完成写真を一枚ちらり・・・

ではでは、

まずはとどめ亭の店主さんとの
出会いから・・・

え?
出会いから語るんですか?
リフォームの様子は・・・?


焼き鳥屋さんということで、
今回は
ちょっと
お酒を飲みながら、
ゆっくりと語らいましょう・・

というテンションで、、
綴ってみようとおもいます。

もちろん
わたし・・・
お酒入っていませんけどね。

出会い

2017年だったでしょうか。
ジェニュインの扉をたたいてくださいました。

ログハウス風のマイホームを持ちたい!
と熱い想いを語ってくださり、
中古物件をリフォームさせていただきました。


わたしたちのご提案プランを
素敵!と喜んでくださって嬉しかったなぁ~・・・
懐かしい。。

一緒につくりあげたマイホームはこちら、、


ログハウス風のお家もまたいいなぁと
楽しませていただきました^^

新店舗をオープンされるまで

以前から西宮市にて焼鳥店を営まれていた店主さん。

2018年に現在の新店舗をオープンされました。

神戸市灘駅の駅前という好立地。

こちらの店舗リフォームは
別の会社が施工されました。

ジェニュインでも
ご相談いただいていたのですが、

当時は、
オープンまでの期限が迫っていたことや、
予算を考慮し、
店舗工事を得意とするところへ
依頼されることをお勧めしました。

再会

出会いと別れを経験し・・・
ふたたび会う時が来ました。

歌の歌詞みたい・・・。

順調に焼鳥店を営んでおられましたが、
いざお店を開店されると
いろいろ気になるところが出てくるものですね。

▲リニューアル工事前のビフォー写真

描かれるイメージは
ふらっと一人二人でも立ち寄れる焼き鳥屋。

周りの目線を気にせずに落ち着ける
間仕切り壁がほしい

かつ、大人数のお客様にも対応できるよう
取り外し&移動可能な形で…

とのご要望でした。

さて、
お酒のお通しはここまでにしまして、、
いよいよ本題の工事の様子をお届けします。

リニューアル工事開始

あっという間に出来上がりますので、
一枚一枚味わってくださいね。


まずは、
間仕切りのための
柱と梁をとりつけていきます。

この柱と梁は
自然塗料のオスモカラーで塗ったものです。
きれいに木目が出ています。

壁をつくっていきます。

目線隠しのための壁ですので、
上部の梁と壁の間には、空気が通る隙間をあえてあけています。

クロスがはられました。

編み込まれたカゴのような柄の入っているクロスです。
深みのある落ち着いた印象に仕上がっていますね。


ここまでで、
▽ビフォー写真と比べてみますと、、

▽アフター写真

いい感じじゃないですか~

壁とのれんがあることで、
右側のカウンター席も、
後ろからの視線を気にしない
居心地よい席になったのではないでしょうか。

個室はどうなっているのかといいますと、、

店内入ってすぐ左には、

6席の個室。

つづいて隣りは、

4席と、
ロールカーテンを挟み2席。

その隣りは、
3席の個室になりました。

こちらの個室は、
▼ビフォー写真と比べてみますと、
ちょうど緑色の壁の部分にあたります。

緑色の壁には
お座敷へと続く通路がありましたが、
そちらはふさいでしまいました。

もちろん、
別の通路は確保してあります。


お座敷に、個室に、カウンター・・
あれ?
これでは大人数のお客さまは
どこへ入っていただくのだろう・・・

と思われたかもしれません。

ここが、
ジェニュインの知恵と腕の見せ所でしょうか。

取り外しのできる壁

この4席に添わせている茶色の壁。

反対側から見るとこんな感じ、、

3枚の扉になっており、
取り外すことができます。

そして、
隣の壁に取り付けられるようにしています。

大部屋が現れました!
可動壁を支えていた梁も、
飾り梁のようにいい感じで馴染んでいます。

机をつなげれば、
大人数で入れる個室の完成です!

少人数でも、
大人数でも落ち着ける・・・
これはもう、、
プライベートで楽しむのも
会社の宴会のご予約もここで決まりですね!

▽ご予約はこちらから・・・(笑)

最後のしめに

最後のしめまで、
あと少し、
楽しんでいっていただけたらと
思っております。

看板、解体ショーです。

なかなか
スリリングなショットですよね。。

入口の扉の前だけ削り、

板をはめ込み、完成です。

▲ビフォー
元々、入口の扉は両開き仕様ですが、
外開きにすると看板に当たってしまうので、
以前はストッパーをつけて内開きのみでした。

入口も外開きに開くようになり、
これで明日からストレスフリーの
店主さんの笑顔が見れるでしょうか^^


最後まで
お付き合いいただきまして、
ありがとうございました。

素足で歩きたくなる幅広の天然木フローリング・あなた好みにきっと出会えるデザイン豊富の国内産木製ドア・質感最高の塗り壁仕上げ・オリジナルアイアン製品‥
いろんなアイテムをご用意してお待ちしています。

ジェニュインのお問合せジェニュインのよくあるご質問

2020年3月9日工事日記/リフォーム